交通事故 浜松
HOME交通事故豆知識Q&A施術のながれ患者さんの声お問い合わせ

交通事故.jp

HOME
交通事故豆知識
Q&A
施術のながれ
患者さんの声
むち打ち症
リンク
交通事故.jpとは
お問い合わせ
プライバシーポリシー
 

はじめ鍼灸接骨院
はじめ鍼灸接骨院

 

むち打ち症

交通事故でみられるケガの中で最も多い損傷の一つである外傷性頚部症候群(頚部捻挫)
いわゆる「むち打ち損傷」について説明します。

むち打ち損傷とは

交通事故により頭部が鞭のようにしなって首を損傷し、首の痛みを始めとし、頭部や頚部の張り感、肩コリ、しびれ、めまい、耳鳴りなどの症状を呈するものをいいます。


発症機序

自動車の追突事故などで起こる「むち打ち損傷」は、

追突された時:頸椎は強く後屈された後、反動によって前屈が強制される。
         頸椎がむちのようにしなって振られるので「むち打ち損傷」と呼ばれています。

自分が追突した時:前屈が先に強制されて、続いて後屈が強制されます。

首に過度な曲げ伸ばしが起これば、筋肉、頚部の構成靱帯、椎間板、神経周囲組織、脊髄、頸骨動脈まで、さまざまな損傷が起きることが考えられます。

過伸展では椎体の前方要素が、過屈曲では後方要素が損傷され起こりやすいとされています。

ヘッドレスでは衝突による首の後ろ側の打撲が、過屈曲ではハンドルとの衝突による損傷が起きることもあります。


臨床型

頸椎捻挫、神経根症状、自律神経症状などが起こります。

・頸椎捻挫
 頸椎捻挫・筋肉型:胸鎖乳突筋を中心とした筋肉が損傷された状態。
             その他の筋肉も複合的に損傷される。

 頸椎捻挫・関節型:頸椎の関節を損傷したもの。重度の場合は椎間板も損傷を起こすこともある。

 頚部痛が主体となり首を動かすと痛む、後頭部の神経痛や頚部の張り感、肩コリ、めまい、
 吐き気などが出現します。

・神経根損傷型
 外傷性頸椎ヘルニアもこれにあたります。
 手のしびれや痛み、肩や背中、腕の痛みが起こる。
 首を動かすと痛みやしびれが強くなる。
 運動神経も損傷されると、手や腕の筋力や握力が低下を起こします。
 症状が長引くことが多い。
 椎間板や神経の検査が必要になることが多く、病院にてMRIの検査が必要となってきます。
 (病院での検査は紹介状を作成させていただきます)

・脊髄症型
 首や肩の症状だけでなく、両手のしびれ、握力の低下、下肢のしびれや動きにくさ、
 足がつまづきやすい、箸が持ちにくい、ボタンがかけづらい。
 腰からの症状でない場合は首の疾患を疑って検査が必要になります。
 (この場合も病院での検査が必要です)

・自律神経損傷型
 顔の感覚異常、目の疲れ、視力がおかしい、頭痛、吐き気、耳鳴り、不眠など症状が出現します。
 症状が長引くことが多い。
 (この場合も病院での検査が必要です)

※これらの型にすべてが当てはまるわけではなく、複合して症状が出ることもあります。
※脳脊髄液減少症という疾患も指摘されています。


症状の移り変わり

交通事故によって首だけでなく、さまざまな部位が障害されることがありますが、交通事故によるケガの特徴の一つとして、急性期は症状があまり出現しないことがあります。
その後、数日してから症状が出現することがあります。
早めの施術をお勧めします。


施術

急性期
 局所の安静、頸椎カラー、超音波、鍼など
 程度にもよりますが、温め過ぎないようにして局所の安静につとめます。

慢性期
 温熱療法、ストレッチ、鍼、灸、干渉波など
 症状を確認しながら筋肉を柔らかくする運動療法を徐々に行っていきます。
 場合によっては首からではなく、患部外からの施術が必要になります。
 症状の経過を確認しながら、施術法を選択していきます。
 


「むち打ち症」は後遺症として認められる?

通常の後遺症より認められにくく、賠償請求も低くなる

自動車事故の被害者が、むちうち症で苦しむケースは少なくありません。「むち打ち症」とは、車で追突されたときなどに、首や背中に急激なショックが加わり、首が前後にムチのようにしなることが原因で生じる首や肩の痛みのことです。一般的には「頚部捻挫」と診断されます。

むち打ち症は、後遺障害別等級表では、7級、9級、12級、14級の「神経系統の機能」「神経症状」をいう項に入ります。ただし、神経症状のためにレントゲンにも映らないなど、他覚的な所見がない自覚症状だけのケースが多いため、後遺症として認められにくいのが実情です。後遺症として認められる場合でも、通常は12級か14級の場合が多いようです。


「むち打ち症」の損害賠償とは?

■ むち打ち症の損害賠償の傾向

1.休業損害は、入院中は全額を認められるが、通院期間中は半額程度しか認められないことが多い。

2.入通院慰謝料は、通常のケガの3分の2程度しか認められない。

3.治療が長期化した場合でも、事故後12〜15ヶ月までには後遺障害の有無の認定を受ける。

4.慰謝料はほかの後遺症と同じく、該当する「等級」に応じた額が認められる。

5.後遺症による逸失利益の計算では、労働力喪失期間を短く認定されることがある。


■ むち打ち症に該当する後遺障害別等級表の症状
後遺障害等級 後遺障害 慰謝料の基準
自賠責 日弁連
第12級
13号
局部に頑固な神経症状を残すもの 93万円 250万円〜
300万円
第14級
9号
局部に神経症状を残すもの 32万円 90万円〜
120万円
※7級と9級は、事故による衝撃が大きく、頸椎の変形など他覚的な所見が認められるような場合に限られる

■ むち打ち症と労働能力の喪失期間および喪失率 (裁判にあらわれた例)
後遺障害等級 喪失期間 喪失率
第12級 5〜10年 14%
第14級 5年 5%
※上記と異なる長期短期の喪失期間を認めた例もある


各種お問い合わせはこちらへ

HOME  交通事故豆知識  Q&A  施術のながれ  患者さんの声  むち打ち症  リンク  交通事故.jpとは プライバシーポリシー
はじめ鍼灸接骨院 〒434-0038 静岡県浜松市浜北区貴布祢418-3 TEL&FAX:053-585-5045
E-mail info@koutu-jiko.jp  URL http://www.koutu-jiko.jp
COPYRIGHT(C) 交通事故.jp ALL RIGHTS RESERVED.